爪水虫は皮膚科で治療しよう~皮膚トラブルリセッター~

医者と看護師

医師に相談をする

水虫治療中

水虫は薬を利用することで改善することが出来るので、市販の薬を購入している人も少なくありません。しかし、薬が肌に合わず悪化してしまうこともあるので、皮膚科を受診する他にも医師に相談をすることが大切です。

この記事を読む

女性にも多い皮膚トラブル

足

水虫は皮膚に出来るものですが爪水虫というのも存在し、名前の通り爪の水虫になります。爪水虫の治療は皮膚科で出来るのですが、基本的には内服薬での治療となるのでしっかりと薬を飲んで治すようにしましょう。

この記事を読む

痒みを患う症状

カウンセリング

アトピー性皮膚炎や水虫などのかゆみを患う症状がある場合は、新宿にある皮膚科に相談しましょう。また、スギ花粉症皮膚炎といって、花粉が原因で肌が痒くなることもあります。

この記事を読む

完治させることが大切

足

状況によって費用も変わる

世界的に見て、日本人は水虫の患者が多いとされています。高温多湿の気候のため、原因である白癬菌が繁殖しやすいからです。水虫は他人にうつりやすいので、本人だけの問題ではなく、特に家族がいる人であればすぐに治すことをおすすめします。足の裏や指の間といったものに対しては、基本的に塗り薬を塗布することになります。いまは市販のものでもかなり効果のあるものが売られていますので、根気良く治療を続ければほとんど治ります。価格も千円以下のものから数千円ものまであります。一方皮膚科で処方された場合は保険が適用されますので、一ヶ月あたり二千円ぐらいですむこともあります。ですが、爪水虫の場合は飲み薬がメインですので、検査費用などを合わせて月に5千円を超すこともあります。

とにかく早めの治療を

水虫は治ったと思っても、じつは潜んでいることがあります。冬場に完治したつもりでも、ジメジメする梅雨のころにはまた再発したという話はよく聞きます。ですから普通の状態に戻っても、しばらく薬は継続したほうが無難でしょう。爪水虫は皮膚科などの専門の病院にかからないと、まず根治は難しいと言われています。飲み薬によって体内から治療していくわけですが、爪が生え変わるまでは服用を続けなくてはなりません。また、体質によっては飲み薬は使用できないこともあり、血液検査なども必要になってきます。治療期間は早い人で3ヶ月ほど、遅ければ6ヶ月や一年近くかかる人もいます。水虫の治療は早ければ早いほど良いので、悩む前に新宿や城東区などにいるお医者さんに相談してみましょう。

Copyright© 2015 爪水虫は皮膚科で治療しよう~皮膚トラブルリセッター~All Rights Reserved.